みんなどれくらいの保険料を負担している?保険料の負担額の平均

日本では多くの人が医療保険や生命保険に加入しておりその割合は約7割程度と言われています。実際にみんな毎月どれくらいの保険料を負担しているのか気になります。保険料の負担額の平均をみてみましょう。これから保険に加入する人もぜひ加入する時の参考にして欲しいと思います。

【医療保険の平均】

医療保険は怪我や病気で入院をする事になった場合入院給付金がでたり、通院費用が給付されたりする保険です。入院給付日額で見ると世帯主の場合は平均で1日1万円というものに加入しており、女性の場合平均は入院日額5千円のものに加入している人が多い事がわかりました。また個人では月々の医療保険、生命保険、個人年金保険等を合計すると2万円前後が最も多く、世帯ではこれら全ての合計が3万5千円程度になっています。

【生命保険料の平均】

生命保険は万が一の時に死亡保険金が支払われるもので1月あたりの平均額は男性で2万円程度、女性は1万5千円程度になっています。男性では1万円~2万円の範囲に多く分布しており、女性では1万円未満に最も多く分布していました。毎月1万円以上の保険料を支払っている人が男性では75.6%、女性では62.1%もいる事がわかており多くの人が高い保険料を支払っている事がわかります。本当にこれほど高い保険料を支払う必要があるのか疑問が残ります。というのは、病気になり入院した時の自己負担額の平均と払い込んだ保険料の平均をみると、実際の自己負担額よりも払い込み保険料の方が高い事がわかったからです。このような事も踏まえ自分に万が一の事があった時に必要な金額分の保険に加入する事が大切です。

【公的医療保険制度も利用しよう】

民間の医療保険だけに頼ろうとすると高額な保険料が必要になりますが、病気になって医療費が高額になった場合は公的医療制度も利用して自己負担額を減らす事ができます。それは医療費制度の中の「高額療養費制度」と呼ばれるもので1か月の医療費が一定額を超えると超えた部分の支払いを医療保険から払い戻される制度です。詳しい制度や申請方法等については病院の窓口や自分が加入している健康保険組合、共済保険などに問い合わせをして相談してみましょう。

【まとめ】

医療保険や生命保険は私達の生活を守り保障してくれる大切なものです。しかし保険料の負担額が多すぎると私達の生活は困窮し本末転倒になってしまいます。自分に合った適切な保障と保険料を知り、生活スタイルに応じて保険料の見直しをすることも必要でしょう。

関連記事

  1. 骨折治療中に飲酒はOKか?

  2. 課税されることも? 生命保険の名義変更の注意点

  3. 足の指を骨折したら

  4. 就業不能保険はうつ病でも支給される?

  5. 精神病はどんな病気?種類と、その症状、原因について調べよう

  6. 肺水腫の症状の現れ方とは?どのような時に症状がでるの?

  7. 就業不能状態になったとき助けてくれる保険の必要性

  8. 一時所得に分類される保険金


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別