指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう

はじめに

骨折をすると腫れや痛みに悩まされます。
骨折とはどのような症状なのか、また骨折などのケガをしたときのために加入するべき傷害保険の特徴について紹介します。
今回の記事を参考にしながら、万が一骨折したときの「備え」を学びましょう。

骨折とは

骨折を経験したことがある人はたくさんいるでしょう。
公益財団法人日本整形外科学会によると、骨そのものが壊れることを骨折と呼びます。
そのため、骨にひびが入ったり骨の一部がなくなったり凹んだりした場合も骨折になります。
骨は圧力がかかることで骨折します。
健康的な骨の場合、簡単に指先などを骨折することはないのですが、骨が弱くなったり溶けたりしている人の場合、ちょっとした圧力が長時間加わるだけで骨折してしまいます。骨折は医師が状態を確認し、X線写真を撮影して判断するのが一般的です。
ただ、骨折のずれが見られなかったりX線写真を撮影してもきれいに写らなかったりした場合はCT検査を行うこともあります。

骨折する前に傷害保険に加入しておこう

誰でもケガをすることがあり、打撲や指先の骨折など人によって症状は様々です。ケガで治療が必要になったとき、役立つのが傷害保険です。
傷害保険に加入することで、治療や通院・手術に必要な費用を補填してもらうことができます。
傷害保険の保険金を受け取れるケースとしては、交通事故に巻き込まれてケガをした場合やスポーツ中に骨折をした場合などがあります。
傷害保険は労災保険などの給付があるかどうかに関係なく保険金を受け取ることができます。加入を考えている人のために保障内容を紹介します。

・通院時の補償
骨折などのケガを治療するために病院へ通院しなければいけなくなった場合、1日につき決まった額の通院保険金日額を受け取ることができます。

・入院したときの補償
骨折などの治療で入院が必要になったとき、1日につき決まった額の入院保険金日額を受け取れます。

・死亡、後遺障害補償
ケガによって亡くなったり後遺障害が残ったりした際に死亡、後遺傷害保険金が受け取れます。

気をつけるべき点

保障を受けるためには、以下の3つの要件を満たす必要がありますので注意が必要です。

・急激性
何の前触れもなくいきなり生じるもので、直接的で時間差がない

・偶然性
自分では予測することができない

・外来性
外部要因によるもの。心臓発作など体の内部の疾病要因による作用ではない

まとめ

骨折の特徴やケガをしたときに備えて加入するべき傷害保険について紹介しました。
いざケガをしてから多額の治療費を支払わなければいけなくなると大変です。
何かあったときのために、傷害保険に加入しておきましょう。

関連記事

  1. 骨折治療の基本!ギプスなどで外固定する場合の方法と目的

  2. 就業不能保険は必要?

  3. 胃もたれの症状は?原因として考えられる事をみてみよう

  4. 傷病手当金について~骨折などで自宅療養する場合でも使える制度~

  5. 就業不能状態と判定されなければ保険金は受け取れない

  6. 骨折治療中に飲酒はOKか?

  7. 骨折した際に使用する三角巾の基本、非常時の場合

  8. 緊急医療の重要性と急性期の迅速な対応の為に出来る事


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別