突き指は甘くみてはいけない?

【はじめに】
自宅で家具に指をぶつけた、スポーツでボールが指に当たった等々、突き指は誰でも一度は体験したことがある身近なケガのひとつです。
指先を思いきりぶつけることで起きるので、つい指先のケガと勘違いしがちですが、実は少し違うんです。なんと実際負傷しているのは関節。日常的に起きるケガなので、甘く見てしまいがちですが、すぐに自然治癒するものから、症状によっては手術に発展するものまで様々です。今回は、突き指についてお話していこうと思います。

【突き指は引っ張ってもなおらない!】

指を突いたというと、関節の骨同士が食い込んだ状況を想像しているのか「突き指は引っ張って治す」と思っている方がまだ多いようです。
しかし、この治療方法は間違っています。むしろ逆に症状を悪化させるだけなので注意しましょう。
突き指は、突いた衝撃で関節が食い込むのではなく、その衝撃で関節がねじれたり、無理やり伸ばされたりして「捻挫している状態」のことなので、場合によっては骨が折れていたり、腱が断裂していたりします。なので、絶対に引っ張ったり動かしたりしないでください。

【突き指の応急処置】

突き指は関節の捻挫でもあるため、打撲や肉離れ同様、応急処置には2つのポイントを押さえて行ってください。

まず一つ目に安静を保つこと。
むやみに動かさず、安静にしましょう。次に、痛みや腫れがどれくらいなのかを確認します。骨折しているかについても確認しましょう。

二つ目は氷などで冷やすこと。
腫れを抑えるために、患部を流水にさらしたり、氷水を入れた容器につけたりして冷やしましょう。これは痛みの軽減にもつながります。
患部を冷やした後、隣の指を副木にして固定します。中指を突き指した場合は、中指と薬指を2本一緒にテープで固定します。
ただしケガを放置すると関節機能に障害をきたす場合がありますので、処置を行ったら早めに病院を受診することが肝心です。

この応急処置は骨折の応急処置にも有効で、通称「RICE(ライス)」といいます。
RICEとは、
・Rest(安静)
・Ice(アイス)
・Compression(圧迫)
・Elevation(挙上)
の頭文字をとったもので、早く処置すれば効果が高い応急処置です。
突き指の応急処置は、このRest(安静)とIce(アイス)の部分を行います。覚えておきましょう。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?今回は、突き指についてまとめてみました。
突き指は一瞬のことなので、「ケガをした状況」や「そのとき指がどうなったのか?」といった情報がハッキリと見えない場合が多いです。何にぶつけたのか、なんで突き指をしたか等、ケガをした状況が少しでも把握できれば治療の助けになりますので、受診の際は医師に状況をしっかり伝えるようにしましょう。

関連記事

  1. 骨折の種類とはどのようなものがあるの?その違いと分類方法

  2. 気になる生命保険の加入率を性別や年齢別で見てみよう

  3. 骨折時の治療費は平均いくら?

  4. 高齢化による社会問題とその解決策とは

  5. わかりにくい骨折の症状!ひびも骨折の一種?骨折の症状と痛み

  6. 就業不能状態と判定されなければ保険金は受け取れない

  7. 骨折した際に使用する三角巾の基本、非常時の場合

  8. 介護認定調査ってどんな事をするの?調査を受ける時の注意点


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別