「骨折」から回復するには

【はじめに】
「骨折」では損傷した箇所はもちろん痛みを感じますが、回復するまでに行われる治療でリハビリでも心の痛みを感じるようです。治療では、重要なポイントです。「骨折」により心の負担も大きく負荷がかかってきます。リハビリの際は痛みを我慢せず、医師や理学療法士・作業療法士など専門の方に相談していく事が心の荷重を和らげる事になるといえます。

【リハビリ】

リハビリは、骨折をする前の状態に回復するため体の補強の様なものです。骨折によって焦りや不安・痛みといった事が負担になるようです。リハビリでは計画的に医師や理学療法士や作業療法士と連携し、相談をしながら骨の結合を確認しながら行われています。
それではどんな、リハビリが行われているのでしょうか。以下に4つのリハビリをあげます。
・関節可動域訓練 
・筋力増強訓練
・立位・歩行訓練 

リハビリは術後すぐ行われる場合もあれば、骨折の程度に合わせて腫れや痛みなどに考慮されながら徐々に行う場合もあります。入院で衰えた筋力を鍛えるために負傷部位とは関係ない体全体の動きを行い、少しずつ体に荷重をかけてリハビリが行われます。下半身の骨折の時にはかなり慎重に行われます。

【免荷・部分免荷(部分免重)】

「免荷」とは、骨折後などの損傷部分に体重をかけない事(下肢に使用される事が多い)
「部分免荷」とは
例えば
・平行棒から両松葉杖(三分の一から二分の一荷重)
・両松葉杖から片松葉杖(二分の一から三分の二荷重)
・片松葉杖からT杖(二分の三から四分の三荷重)
です。
X線像での骨癒合状態確認・荷重時の痛みの有無で荷重量が判断されます。ケースによって配慮されることなどがあります。

【荷重制限】

ある学術大会の発表よると痛みの強度・痛みの性質・精神心理学評価・身体機能評価・行動評価(可動域)・睡眠評価など総合的に判断されて治療やリハビリや取り組みがなされています。
上記のリハビリは患者のリハビリの状態を観察されて行われる為、体の痛みや体の反応は今後のリハビリに反映されるため相談してリハビリを行う事が大事になってきます。
「骨折」は風邪とは違い痛みや入院生活・リハビリ訓練・復職への願望から心にも不安や変調が現れる事が重要視されています。また、復職後の骨折箇所の「痛みの再発」といった事からうつや不眠など心が折れてしまう可能性も考えられる様で十分なケアが大事になるといわれています。

【まとめ】

骨折は体の一部が損傷してしまい、今まで味わった事のない挫折感や入院生活から身体的にも精神的にも経済的にも負担が大きくなっていきます。健康な時に出来る予防策は、負担を最小限に抑える努力をすることですが、万が一に備えて、丈夫な骨に鍛える事や、ケガの回復を早める食生活や健康を意識したり、貯蓄や保険を見直す事など大事です。
また、リハビリで頑張り過ぎてしまって入院生活が長引かない為にも自己判断でのリハビリは行わない様にしましょう。

関連記事

  1. 骨折した際に使用する三角巾の基本、非常時の場合

  2. 骨折で入院~パジャマと病衣、どちらが良い?~

  3. 特定疾病とされている16種類の病気について

  4. わかりにくい骨折の症状!ひびも骨折の一種?骨折の症状と痛み

  5. 骨折時の痛みと原因

  6. 骨折で発熱、風邪ではない場合…原因は?

  7. 突き指は甘くみてはいけない?

  8. 生命保険で税金が安くなる?所得税の生命保険料控除とは


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別