介護保険は現金がもらえる訳ではない? 保険料の金額は?

はじめに

介護保険とは、毎月保険料を納めることで介護サービスにかかる費用を一部負担してくれる制度です。
病気にかかることも滅多になく体の自由も利く若いうちは、介護保険の必要性を感じることは少ないかもしれませんが、親の加齢や、自分自身も徐々に年を取ってくると重要性を認識するかと思います。
公的な介護保険制度はどのような保障内容となっているのでしょうか。また、保険料の支払いはどのように行うのでしょうか。

介護保険制度に加入するには

40歳以上の日本国民には介護保険への加入が義務付けられており、40歳~64歳までの被保険者の場合、医療保険と並行して介護保険料が徴収されます。また、保険料の金額の決め方は、健康保険組合により違います。
実際に保険の保障を受けるには手続きを行い、指定の条件を満たしていると認められなければなりません。

保障内容と保険料の支払いについて

公的な介護保険は現物給付型の保険なので、保険金をもらえる訳ではなく必要に応じた介護サービスが給付されます。
サービス支給の申請をして必要性が認められると、介護についての相談を受けてもらえる支援サービス、家事や入浴などを手伝ってもらえる居宅サービス、看護師による訪問看護、通所して介護を受けられるデイケア、ショートステイ、施設に入居できる施設サービス、介護用具のレンタル、バリアフリー対応のリフォームなどの支援を受けることができます。
介護保険の被保険者は年齢により第1号と第2号に分けられ、サービス受給の対象者は原則1号被保険者となります。第1号被保険者は65歳以上の人、第2号被保険者は40歳~64歳の人です。

しかし、介護保険制度で指定された16疾病が原因で介護が必要となった場合は、第2号被保険者も介護サービスを利用することができます。
指定の16疾病には、末期がん、関節リウマチ、骨折を伴う骨粗鬆症、初老期における認知症などが含まれており、これらが原因で要介護状態となったと認められた40歳以上の人は介護保険の支給を受けられます。
介護保険の受給対象者には介護保険被保険者証というものが発行され、サービスを受ける際に必要となります。
被保険者証は65歳以上になると一人一人に郵送されますが、64歳以下の人が指定の疾病などにより介護サービスが必要となった場合は申請手続きが必要です。

最後に

今回は、公的介護保険の加入条件等についてお伝えいたしました。
40歳で「将来介護が必要となったらどのように生活しよう」など深く考える人は少ないかもしれませんが、親の介護が必要になった時や、疾病が原因で老化が早まってしまった時などにも役立つ制度です。
また、これらの精度は数年おきに改正されることもあるので、加入年齢が近付いたら介護関係の制度のことを一通り調べておいたほうが良いでしょう。

関連記事

  1. もしも介護が必要になったら?介護保険の上手な使い方とは

  2. 介護保険と扶養者の関係!扶養になった場合の介護保険料は?

  3. 民間の介護保険は本当に必要?介護保険の必要性とは

  4. 介護保険の適用除外対象者について~まとめ~

  5. 要支援の認定を受けた場合に利用できる介護保険サービス

  6. 介護保険で対象になるものとならないもの!介護ベッドは対象?

  7. 要支援1と要支援2の大きな違いや受けられるサービスの違い

  8. 介護保険でよくある質問!引越しで住所変更した場合の手続き


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別