退職したら年金の手続きをして第1号被保険者へ切り替えをしよう

退職をしたら今まで加入していた厚生年金や共済年金の資格は損失されます。ですから今まで加入していた第2号被保険者から第1号被保険者に切り替える必要があります。
切り替えの手続きはお住いの自治体の窓口で行っていますので相談してみましょう。

 

【被保険者】

年金は厚生年金、共済年金、国民年金、被保険者の配偶者など年金はいくつかに分類されています。
第1号被保険者は自営業者、学生、無職の20~60歳までの人が加入しており、社会保険の厚生年金には加入していません。保険料は納付書が送付されそれによって各自が支払う事になります。
第2号被保険者はサラリーマンや公務員など厚生年金加入者の事を指し、所得に応じて保険料が決定します。保険料は毎月の給料から天引きされ会社がまとめて納付します。
第3号被保険者は第2号被保険者の配偶者で、年間の収入は130万円未満の人を言います。保険料の負担は在りません。

 

【退職後に年金の切り替えをしなか%

関連記事

  1. 骨折のずれをそのままにしておくと後に痛みが出る?!

  2. 医療保険を途中解約したらどうなる?

  3. 高齢者の骨折の原因第1位!骨折は怖い病気と繋がっていた

  4. 医療保険の歴史と課題を今一度振り返ろう!

  5. 医療保険を途中解約するときの注意点について

  6. 医療保険には何が必要?保険料の無駄をなくすために

  7. 健康保険料はどうやって決まる?保険料を抑える為の方法

  8. 生命保険から給付金を受け取った時の医療費控除はどうするの?


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別