生命保険選びの参考に!必要保障額と保険料の平均金額

生命保険は今では男女ともに約8割の人が加入している保険になっており日本は諸外国の中でも有数の保険大国になっています。
まだ加入していない人はぜひ保険選びの参考に必要保障額と保険料の平均を知っておくとよいでしょう。

 

【必要保障額】

生命保険は主に人の死亡に対して保険金が支払われるものですが、必要な保障額はいくら位なのでしょうか?
それは家族構成や子供の有無、世帯年収、将来自分が送りたい生活などによっても様々です。
必要な保障額の目安としては下記のような計算式が使われます。
家族に必要になるお金から入ってくるお金を引いたものが死亡保険で準備しておきたいお金(死亡保険金)になります。
また保険金の目安としては世帯主の年収×3年+子供がいる場合は子供の教育費になります。
これらを目安として各家庭で保障額と保険金について一度試算してみると良いでしょう。

 

【保険料の平均額】

必要な保障額の大まかな金額がわかれば次に保険料の平均額も見ておきましょう。
保険料を世帯年収別にみると、年収300万円未満の場合月額保険料は1.45万円で300~500万円未満の場合は1.63万円、500~700万円未満の場合1.75万円、700~1,000万円の未満2万円程度となっていますつまり世帯年収が高いほど保険料は多く世帯月収の約3~6%になっている事がわかります。
男女別の保険料の平均額をみると、男性では2万円、女性は1.5万円になっています。金額別に分布を見てみると男性では1~2万円が最も多く、女性は1万円未満に多く分布しています。

 

【必要保障額は定期的に見直す事が大切】

私達の人生には様々なライフイベントがあり、必要になる保障額もその都度変わってきます。その為保険に加入した時に試算した必要保障額はその都度見直す必要があります。
例えば子供が小さい時に加入した生命保険では高額な保障が必要になりますが、子供の成長と伴に保障額は小さくなります。
例えば子供の誕生、住宅の購入、お子様の就職、結婚など人生には多くのイベントがあります。これらのタイミングが生命保険の保障額を見直す節目になりますので保障内容の見直しをしてみましょう。

 

【まとめ】

生命保険は万が一に備え加入している人が多いのですが、人生における節目では保障内容の見直しをすることも大切です。
加入時とニーズに変化がないか、保険料が妥当であるかなども見直しの大切なポイントとなります。

関連記事

  1. 結婚などの人生の転換期は生命保険を検討するよいタイミング

  2. 何かの病気のサイン?胃が痛い時の症状と考えられる病気は?

  3. 就労不能とはどんな状態?保険給付される例とそのリスクについて

  4. 【医療保険】60日型保険と120日型保険の比較

  5. 万が一に備える為に生命保険の仕組みを知っておこう

  6. 骨折で起こる怖い合併症とは?代表的なものを見てみよう

  7. 骨折固定手術後にボルトを抜く時は医療保険から給付金はでる?

  8. 医療保険において保険者・被保険者とは?用語を解説します!


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別