法人が医療保険に加入している場合の経理処理について

はじめに

民間の医療保険には、個人として加入するケースだけでなく、法人として加入するケースもあるでしょう。
法人として民間医療保険に加入した場合、支払った保険料の経理処理はどのようにすればよいのでしょうか?
今回は、法人が民間医療保険に加入した場合の経理処理について説明します。

支払保険料の経理処理

法人として民間医療保険に加入し保険料を支払ったとき、その経理処理は保険会社から給付される保険金を、その保険料を支払っている「法人が受け取る」のか、それとも「被保険者となる従業員や役員(その遺族も含む)が受け取るのか」によって異なります。

法人が受け取るケース(定期の場合)

保険期間が終身でなく定期の場合、保険期間の経過に応じて損金として計上することになります。
この場合の勘定科目は「支払保険料」です。
なお、「保険期間の経過に応じて」とは、月払い、半年払い、年払いの保険料に関しては支出したときの損金として、一括で払った場合などはその期にかかる分だけを損金として計上するということです。

法人が受け取るケース(終身の場合)

払込みも終身の場合は、保険料を支払うたびに損金として計上します。
この場合の勘定科目も「支払保険料」です。
また、保険期間は終身でありながら、払込みが一定の期間のみというケースでは以下のようになります。

払込み期間内は「(払込み期間)を(105歳から加入時の年齢を引いた歳)で割ったもの」を「払込み保険料」に掛けた金額が損金(勘定科目は支払保険料)となり、残りの額は資産(勘定科目は積立保険料)として計上することになります。
その後、払込みが終了したら、「終了した時点での積立保険料」を「105歳から払込みが終了したときの年齢を引いた額」で割った金額を損金(勘定科目は支払保険料)に振り替えてください。

被保険者が受け取るケース(定期の場合)

定期の場合で、従業員などの被保険者が受け取るケースでは、保険期間の経過に応じて損金として計上することになります。
この場合の勘定科目は「福利厚生費」です。

被保険者が受け取るケース(終身の場合)

払込みも終身の場合は、保険料を支払うたびに損金として計上します。
この場合の勘定科目も「福利厚生費」です。
また、保険期間は終身でありながら、払込みが一定の期間のみのケースでは以下のようになります。
払込み期間内は「(払込み期間)を(105歳から加入時の年齢を引いた歳)で割ったもの」を「払込み保険料」に掛けた金額が損金(勘定科目は福利厚生費)となり、残りの額は資産(勘定科目は積立保険料)として計上することになります。
その後、払込みが終了したら、「終了した時点での積立保険料」を「105歳から払込みが終了したときの年齢を引いた額」で割った金額を損金(勘定科目は福利厚生費)に振り替えてください。

最後に

福利厚生目的で医療保険に加入する場合は、すべての従業員を対象とするのが原則です。
一部の従業員などだけを対象とした場合には、給与として扱われ、所得税、社会保険料などがかかってくることになります。

関連記事

  1. 公的医療保険を最大限活用して治療費などの自己負担額を抑えよう!

  2. 訪問看護にも適用される公的医療保険

  3. 医療保険の入院限度日数は何日あれば安心?実際の入院日数から検証

  4. 心臓が痛い!もしかして心臓病?疑われる病気と原因について

  5. 医療保険加入者が知っておくべき医療費控除

  6. 公的医療保険の基本的な役割と仕組みをおさらいしよう

  7. 医療保険が適用される腰痛治療について

  8. 骨折固定手術をする時には金属アレルギーの人は要注意


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別