医療保険において保険者・被保険者とは?用語を解説します!

はじめに

公的医療保険は国民全員が加入する保険となっています。保険料を払うことにより、病院での支払い負担額は本来の料金の3割で済むようになっています。
ところで「医療保険の保険者とは?」と突然質問されたら、あなたは答えることができますか?
身近なようで意外と知らない、医療保険の用語などについて今回はお話したいと思います。

医療保険、主な用語

では医療保険で使う主な用語を見ていきましょう。

保険者

健康保険事業(健康保険は、医療保険の中の一つです)を運営、実施する団体のことをいいます。
健康保険の場合は、全国健康保険協会(協会けんぽ)・健康保険組合(組合健保)の2つが「保険者」になります。その他にも保険者となるのは、国、都道府県、市町村、民間団体などそれぞれあります。

被保険者

医療保険に加入している人を指します。
例えば家族のうち父親が健康保険の被保険者となります。ちなみに妻が専業主婦の場合、妻と子どもは「被扶養者」となります。

保険料

被保険者が医療保険に納めるお金です。組合健保・協会けんぽの場合は事業主が、後期高齢者医療制度の場合は国・地方自治体のほかに現役世代の国民が負担しています。

保険証(被保険者証)

正式名称は「健康保険被保険者証」ですが、大抵の場合略して保険証と呼ばれます。保険証は医療保険に加入しているという証明で、病院にかかるときには常に提示すれば医療費の3割負担などで済みます。
営業者などが加入する国民健康保険の保険証は毎年更新しなくてはいけません。
注意したいのはサラリーマンが退職した場合、次に別の会社に転職するとしてもその間の期間(無職のとき)。この間は「健康保険」から「国民健康保険」の被保険者になるので、保険証の切替えをしなくてはいけません。

保険医療機関

厚生労働大臣の指定を受けて健康保険の診療を行うのが保険医療機関です。
保険証を提示すれば医療費の3割などを払うことで治療を受けることができますが、提示しない場合(忘れたなど)全額負担となってしまいます。
日本の医療機関のほとんどが保険医療機関です。

一部負担金(窓口負担)

医療機関で支払う費用のことです。医療費の1~3割を支払います。6歳未満は2割、70歳以上になると所得の高さによって割合が1~3割と変わります。

医療費、診療報酬

医療費とは病気、ケガで医療機関にかかったとき支払う費用です。
診療報酬とは医療保険から医療機関に支払われる治療費で、診察・検査・投薬・手術など診療行為によって点数が異なり、1点が10円で計算します。

まとめ

普段はあまり気にしていないかもしれませんが、いざ家族が病気やケガをして医療費が負担になるかもしれないときに備え、基本的なこれらの用語を理解しておくことは大切なことです。公的医療保険以外に民間の保険を検討する際にもどの保険商品が自分に適切か判断するというときにも役立つものです。

関連記事

  1. 医療保険で高額療養費制度を活用する場合の注意点とは?

  2. 今後は生命保険会社にもマイナンバーの提出が必要になる?

  3. 病気や怪我をした時に必要になる公的医療保険の仕組みを知ろう

  4. 医療保険の自己負担が辛い!少しでも軽減する為にできる事

  5. 就労不能になる原因!40%以上の人は○○○が原因でなる

  6. 収入と収支のバランスが崩壊!医療保険が直面している問題点

  7. 医療保険の保険金受取と確定申告

  8. 医療保険と健康保険は違う?その主な違いと特徴を見てみよう


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別