少しでも早く治したい!骨折をしてギプスを外すタイミングとは

骨折は、日常生活のちょっとした出来事やスポーツなどで起こる身近な怪我です。
骨折をして担当医から骨を固定するためにギプスをすると伝えられた人もいるでしょう。
ギプスをすると、その部分が圧迫し、日常生活にも支障がでるので多くの人が1日でも早く外したいと願います。
ギプスを外すタイミングや注意点などをみてみましょう。

 

【ギプス固定が必要なワケ】

骨折をした場合、必ずギプスで固定をするのではなくシーネなどで骨を固定する方法もあります。
特に、固定をすることで本来は動かすことで働く靭帯が、本来の働きを忘れてしまうケースもあり完治するまでの期間が遅くなる場合もあります。そのため痛みや腫れがない軽症の場合は、ギプス固定をしない場合が多いようです。
一方ギプス固定をするのは、重症な骨折や捻挫などの場合です。靭帯の損傷がひどく関節や筋肉などに腫れや、損傷、出血が見られる場合はギプス固定をすることが一般的です。
このような状態では、ギプスで固定せずに動かさず負荷をかけることで損傷や炎症を強めるリスクがあるからです。

 

【ギプス固定を外すタイミングは】

ギプスをしていると自由に装着部を動かすことができないため、早くギプスを外して元通りに動けるようになりたいと思う人は多いものです。
骨折をしてギプス固定をした場合、いつまで装着しておく必要があるのでしょうか?
骨折をしてギプスを外すタイミングは、骨がある程度くっついて固定を外しても動かない状態になるまでと考えておきましょう。
この期間を固定期間と言いますが、固定期間は小さな子供、成長期の子供、大人、高齢者など患者の年齢によっても異なりますがおよそ1~2か月程度でしょう。
特に高齢になるほど骨の修復には時間が掛かりますし、転倒しただけで簡単に折れてしまうので注意が必要です。
高齢者が骨折をすると、そのまま寝たきりになったり認知症を発症するリスクもあります。

 

【ギプスで固定している期間の注意点】

ギプス固定をしている間の注意点も確認しておきましょう。
固定期間の過ごし方は安静にしているのが一番です。
しかし、固定期間に全く筋肉を使わないと一気に筋肉が落ちますので、もとの生活に戻る前には自分でできるリハビリを主治医と相談しながら少しずつ行っていきましょう。

 

【まとめ】

骨折をしてギプス固定をした場合、外すまでの期間は人それぞれですがその間の過ごし方によっては早く外すことも可能になりです。
自分でできるリハビリをしたり、カルシウムの多い食品を摂ったりする様に心がけましょう。

関連記事

  1. C型肝炎ってどんな病気?どんな自覚症状があるの?

  2. 尿酸とは?尿酸値が増えることで高まるリスクとは

  3. 実は意外としらない医療保険の「被保険者」の事

  4. 大きく分けて2種類からなる!我が国における医療保険とは

  5. 骨折で起こる怖い合併症とは?代表的なものを見てみよう

  6. 長期療養でダメージはさらに大きくなる!将来就労不能になる確率

  7. 医療保険加入者が知っておくべき医療費控除

  8. 公的医療保険を最大限活用して治療費などの自己負担額を抑えよう!


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別