就業不能状態になった場合のリスク!住宅ローンが返済不能になる?

住宅を購入してローンを組む際に多くの人は、団体信用生命保険に加入することになると思います。この保険は、契約者に万が一のことがあった場合に保険会社が住宅ローンの残債を代わりに支払ってくれるものです。住宅ローンの契約をするとほとんどの金融機関で加入が義務付けられています。しかし、この保険にも実は盲点があったのです。

【就業不能になるリスク】

契約者が死亡したり、高度障害によって住宅ローンの返済ができなくなった場合に代わりに支払ってくれるのが団信生命保険です。しかし、契約者が特定の病気や怪我によって就業不能になった場合にはこの保険は適用されません。

もしも大きな病気や怪我をして一命は取りとめても、医師から長期間の療養や入院が必要と言われることもあるでしょう。このような場合、すぐに仕事を再開して今までと同じように収入を得ることは難しくなりますし、団信保険で住宅ローンの残高が相殺されることもありません。
就業不能になるリスクは誰もがもち合わせており、死亡や高度障害と同じくらい大きなリスクがあることを忘れてはいけません。

【就業不能に備える】

就業不能に陥るリスクに備えるためには、就業不能保険以外にも住宅ローンの疾病保障で備えることができます。
住宅ローンを組む際に加入するケースが多い団信生命保険には、疾病保障というのを付加することができます。疾病保障は、契約者が就業不能になるリスクに備えることができます。

例えば、就業不能になった場合住宅ローンの返済が一時的に免除されたり、住宅ローンの残高がゼロになる仕組みになっています。
最近では、低コストで疾病保障を付加できるものも多くありますので就業不能リスクに備えたい人はぜひ検討してみてください。
就業不能保険は、契約者が就業不能になった場合毎月給付金が支払われるもので、契約時に給付金の額と保険期間を決めます。

【給付金の使い道が限定されない】

疾病保障は、就業不能状態になった場合住宅ローンの返済が一部免除されたり、住宅ローン残高がゼロになるというメリットがあります。
これに対して、就業不能保険は給付金として受け取るため更に広範囲の就業不能リスクに備えることができます。
給付金を住宅ローンの返済に充てたり、子供の教育費に充てたり、生活費など使い道は限定されていません。

【まとめ】

就業不能リスクと住宅ローンの返済について理解できたでしょうか?私達は現在健康で元気でも、いつ大きな病気や怪我をして就業不能に陥るか分かりません。その時に慌てないために万が一に対する備えは誰もがしておくべきでしょう。

関連記事

  1. 生命保険の受取人を誰にするかによって変わってくる税金

  2. 死亡保険の保険料は年末調整で所得控除の対象になる!

  3. 死亡保険はいくら必要?遺族のために必要なお金を考える!

  4. 生命保険には3種類ある!死亡保険と生存保険と生死混合保険

  5. 生命保険から死亡保険金を受取った場合の確定申告について

  6. 労災事故で世帯主が死亡したら支払われる労災保険の死亡給付金

  7. 収入減のリスク!共働き世帯の場合妻も死亡保険に加入した方がよい?

  8. 死亡保険金を受け取った際の税金!確定申告は必要になる?


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別