癌の知識と副作用による体重減少について

【はじめに】
癌と聞くと人間誰しもが驚きを隠せないほど知られている病気になりますが、癌の種類や治療方法については癌を経験したことのある人しか知らないのではないでしょうか?今回は癌の種類や癌と戦うとおこる副作用についてお話を進めていきたいと思います。

【癌とは?】

癌とは、私たち人間が生まれる前から実は遺伝子レベルでもって生まれているかもしれない病気です。癌は細胞分裂をしていく過程の突然変異で出来てしまうとても厄介なものです。しかし、癌の遺伝子を持って生まれたからといってすぐに癌患者になるわけではありません。何故ならその癌遺伝子は静かに体の遺伝子レベルで眠っているからです。
しかし、そんな癌細胞が目を覚ましてしまうと体の不調を起こし始めます。そして気づかずに放置してしまうと癌細胞は私たち人間が成長するように細胞分裂を繰り返し成長していってしまいます。

【癌の種類について】

ここ日本では年間30万人とも言われる癌で命を落とす人がいます。そんな生命を危惧する癌の種類についてご紹介します。

・肺がん
肺がんには2つの種類があります。1つ目が、小細胞肺がんといいます。2つ目が、非小細胞がんです。小細胞がんは、肺がんの中の約10%~15%で発症する癌になり、非小細胞癌は、85%~90%で起こりうる癌になります。

・胃がん
胃がんは死亡率の高い癌として知られています。何故死亡率が高くなるかというと、最初、胃がんは胃壁の奥深くにある粘膜にできます。そして進行すると外壁の粘膜や漿膜などにも次々と発症していくことから進行が速いこともあり、気づかないまま末期がんに進行してしまっていたということもあるようです。ですが、現代では胃がんの進行がんへの治療方法の確立が出来つつあり決して末期がんという風には考える必要もないようです。

【癌に対する治療方法について】

良く知られている癌にたいする治療方法は今でも有効なのでしょうか?新しい治療方法は出ているのでしょうか?
皆さんは3大療法をご存知でしょうか?

①外科手術による手術療法
②化学でおこなう薬物療法
③放射線による放射線療法

の3種類が3大療法と呼ばれています。
ただし、癌の進行状況や患者の体力等を考えて3つ+他の治療方法をうまく組み合わせていく治療が主流となっているようです。

【癌治療の副作用について】

3大療法の中でもっとも副作用が出やすいのが、化学物質での治療そう薬物治療になります。癌細胞の増殖を抑制するための代謝拮抗剤や癌の合成を抑える抗がん性抗生物質などがあります。それらの薬物には、皮膚や骨髄などにも副作用がでるため、吐き気や脱毛、食欲低下や下痢各内臓へのダメージも計り知れません。それらの副作用により、体重は否が応でもどんどん減少へと進んでいってしまいます。

【おわりに】

今回は癌について話を進めてきました。癌という恐ろしい病が私たちの体を侵していくことをいつになれば完治という方向にもっていくことが出来るのかがこれからの私たちの大きな課題になるのかもしれません。癌で不安になっている方はタウルスまでお問い合わせください。

関連記事

  1. たばこを吸う人はがん保険に加入できない?がん保険とたばこ

  2. 要経過観察となった場合がん保険には加入できない?

  3. がん保険も税金控除の対象となっている

  4. 乳癌の予防法は?予防する為に私たちが日常生活で出来る事

  5. 保険が対象外になるがんとその病名

  6. 独身でもガン保険は必要?独身者に必要な保険

  7. がん罹患後でも加入できる保険はある?医療保険の選び方

  8. がん保険の基礎知識~まずは種類と内容を知ろう~


最近の記事

  1. 医療保険

    公的医療保険でのリハビリ日数制限について
  2. いろいろ

    指先を骨折したときのために傷害保険に加入しよう
  3. いろいろ

    すねに負荷をかけ続けると骨折しちゃう?
  4. 医療保険

    医療にまつわる税金控除~保険料と医療費~

おすすめ記事

  1. いろいろ

月別