自動車保険における年齢条件と保険料を節約する方法

   

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s

自動車保険の契約において年齢条件はとても重要になってきます。それは自動車保険の保険料を決める時年齢が大きく関係してくるからです。自動車保険の年齢条件や適用範囲などについて詳しくみてみましょう。

【自動車保険の年齢区分】

自動車保険に加入する場合年齢条件があり、全年齢補償と、21歳以上補償、26歳以上補償の3つに分類されます。保険会社によっては26歳以上になると30歳以上、35歳以上とさらに細かくわけられる場合もあります。加入する時には自動車を運転する人のうち最も若い人の年齢を設定するようになっています。これは強制ではありませんが、もし条件にあてはまらない人が運転をしていた時に事故を起こした場合自動車保険の保障がおりません

【年齢と保険料】

保険料は当然若いほど高くなります。これは若い人の方が運転技術が未熟な為、事故を起こすリスクが高いからです。保険料は全年齢から順に年齢が上がるにつれて安くなっていきますが70歳以上の高齢になると事故のリスクが上がる為保険料は高くなります。このように年齢による事故を起こすリスクと自動車保険の保険料は比例している事がわかります。

【保険料の節約の為に】

保険料を少しでも安く抑えたいと考えている人は自分の保険を時々見直してみる事が大切です。もし加入した時点で26歳以上の保険に加入していたものをそのまま継続していて現在30歳、35歳になっている場合は保険によっては保険料を安くできる場合もあります。自動車保険は一度加入したらそのままにせず時々見直して今の年齢と加入条件が適切かどうか確認することが大事です。見直しをするタイミングは誕生日を迎えた時点が最もよい時期でしょう。特に21歳と26歳の時点では保険料は大きく変わりますので気を付けましょう。

【年齢条件に関係なく適用される場合】

自動車保険の年齢条件には適用範囲というものがあります。この適用範囲は被保険者、被保険者の配偶者、被保険者または配偶者と同居している親族になります。同居していない親族や、友人、知人、同僚などは年齢条件に関係なく保険が補填されますので覚えておきましょう。

【まとめ】

このように自動車保険は年齢や適用範囲など注意すべき点が多く存在します。これらの意味や仕組みをしっかりと理解し必要な年齢条件のものに加入する事が大事です。事故はいつ起こるかわかりませんのでこのような事が起こって車の修理代や相手方の保障が支払われないという事にならないように自動車保険にはきちんと加入しておく必要があります。

 - いろいろ

  関連記事

  おすすめ記事