胃がムカムカする時に効果のあるツボ押しと食事の仕方は?

   

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s (1)

食後に胃がなんとなくムカムカする事ありませんか?これは胃の中に食べ物が長時間残っているように感じ、吐き気や気持ち悪さを感じるのです。このような胃がムカムカする時のお勧めの対処法をいくつか紹介しましょう。

【胃のムカつきに効くツボ押し】

胃がムカムカする時にはツボ押しが効果があると言われています。以下のようなツボを押すと胃のムカつきが軽減されるので試してみましょう。

・「ちゅうかん」というおへそとみぞおちの中間にあるツボで消化不良や胃の痛み、食欲不振にも効果があります。

・「胃点(いてん)」と呼ばれるツボで耳の真ん中にあります。胃の働きを促進し消化機能を活性化させます。

・「内関(ないかん)」と呼ばれるツボは拳を上にしてしわが出来る部分から指3本目のところに位置するツボです。これは胃のムカつきに効果があります。

これらはどれも胃の働きやムカつきに効果がありますので是非試してみてください。

【胃のムカつきを軽減する食べ物】

胃がムカムカする時には何も食べたくないのが本音でしょう。このような時には胃に残った食べ物を早く消化吸収して胃のムカつきを軽減してくれるものを食べるようにしましょう。大根に含まれる「アミラーゼ」や「プロテアーゼ」は胃の中の消化吸収を助けてくれます。胃にトラブルがあった時や胃がムカムカしている時には大根がお勧めです。そのまま煮るよりもすりおろした方が消化しやすいのでお勧めです。キャベツも胃もたれには効果的です。キャベツには胃の粘膜を守る働きもあります。果物ですとリンゴがお勧めです。よく風邪をひいた時などにはリンゴのすりおろしたものを食べますよね。

【胃がムカムカする時の食事】

逆に胃のムカつきを起こす食べ物や食事の仕方は脂っこい食事や、暴飲暴食、夜寝る前に食べる、よく噛まずに早食いをするなどがあります。またアルコールの大量摂取や、刺激物などを多く摂る事も胃のムカつきに繋がります。これらはどれも胃への負担が大きい事がわかります。自分の胃を気遣い大事にする事が胃のムカつきを起こさない為には必要なのです。

【まとめ】

胃もたれやムカつきを引き起こす原因や食事はわかったと思います。胃のムカつきを少しでもなくすためには1日3食規則正しく食事をする事、食事と食事の間は4時間程度あける事、よく噛んでゆっくりと食べる事などがあります。また大根や山芋など消化を助ける物を取る事も大切です。これらは空気に触れると酸化しやすい為食べる直前にすりおろし生のまま食べるのがお勧めです。

 - いろいろ

  関連記事

  おすすめ記事