交通事故でも医療保険は使える?緊急時にも使える特約

   

6382efa1109a811b20bf4a975c5ff655_s

医療保険は、病気やケガに対して支払われるものですが、交通事故などでケガをした場合にも対象になるのでしょうか?実は医療保険に特約を付加する事で交通事故に対しても保障を得る事が出来るものがあります。
しかし、実際には多くの人が特約の存在を知らずに保険料の無駄使いをしているのです。損をしない為にも医療保険と交通事故について、しっかりと確認しておきましょう。

 

【交通事故で役立つ特約】

交通事故は、自分がいくら気を付けていても巻き込まれてしまう場合があります。このような万が一の事態でも役に立つ保険の特約を紹介しましょう。
交通事故でも、保障される特約は下記の物があります。
・災害入院特約
・災害割増特約
・傷害特約
・特定損傷特約
これらの特約を付加しておけば、交通事故でケガをした場合や、死亡した場合にも保障の対象になりますので、覚えておきましょう。
では、それぞれの特約について少し見てみます。

 

【それぞれの特約の特徴】

(災害入院特約)
ケガで入院した場合入院給付金が出ます。最近はケガと入院がセットになっているものが主流です。

(災害割増特約)
交通事故などの突発的な事故によって死亡した場合、死亡保険金を上乗せできる特約です。

(傷害特約)
交通事故などの突発的な事故によって死亡した場合、死亡保険金を上乗せできる特約です。
更に、交通事故などの外来的な事故によって、障害状態になった場合障害の程度に応じて給付金が支払われます。

特定損傷特約)
突発的で偶発的な交通事故により骨折、脱臼、腱の断裂などをした場合一時金が支払われます。

 

【特約を付加する場合の注意点】

特約を保険に付加する際に、気を付ける事がいくつかあります。
まず、特約はそれだけで加入する事はできず、必ず主契約に付加して加入する事になります。当然主契約を解約した場合には、特約もなくなります。
そして、特約はケガに特化した保険である為、一定の条件に限ったケガや、死亡時などにしか支払われない事を理解しておく事が大切です。
特約は、あくまで主契約の補足として足りない部分を補う物と考えておきましょう。

 

【まとめ】

交通事故は、いつ誰にでも起こる可能性はあります。交通事故のリスクを考え不安のある人は、今加入している医療保険に特約として上記のようなものを付けるのも一つの方法です。
特約は月々の保険料も数百円程度でおさまりますので、気になる方は一度保険の担当者に問い合わせをしてみましょう。

 - 医療保険

  関連記事

  おすすめ記事