今の保険は本当に必要?医療保険をやめるという選択!

   

1047d1d811912487bac7f485f6fa4763_s

日本は、保険大国と言われ多くの人は何らかの保険に加入しています。中でも医療保険の加入率は高く全体の7割程度となっています。
しかし、その医療保険本当に必要なのか考えた事はありますか?特に、加入時にはみんなが入っているから、とりあえず入っておけば安心、などの理由から加入をした人も多いと思います。そこで、医療保険が本当に必要なのか一度考えて見てほしいと思います。

 

【医療保険の必要性】

日本には公的医療保険という充実した社会保障があります。このおかげで、私達は収入や年齢に応じた自己負担額を支払えば医療機関で、適切な医療を受ける事が出来ます。
多くの方は自己負担3割となっています。3割負担の人の場合、実際にかかった医療費が1万円だったとしても、私達が窓口で支払う金額は3千円で済みます。
この程度の金額なら、支払う事が出来るので民間の医療保険の必要性はあまり感じません。
しかし、ガンや脳梗塞など長期の入院や治療が必要な病気になった場合、高額な医療費を家計から捻出するのは難しいと考える人もいるでしょう。
このような場合も、公的医療保険では「高額療養費制度」という物があります。
これは、1カ月の医療費が一定額以上になった場合払い戻しがされる制度です。この制度を利用すれば一般的な収入の世帯では、一月の負担額はおよそ8万円弱になります。
ですから、長期の入院に備え一月8万円×数か月分の貯蓄があれば医療保険の必要性は低くなります。

 

【医療保険で支払う保険料】

それでは、医療保険に加入していた場合の保険料支払い総額と保険の必要性を見てみましょう。30代男性で入院日額5千円の保険に10年間加入していたとします。月々の保険料は3千円です。
そして、この度病気になり2カ月間入院したとしましょう。
そうすると、医療保険から給付される保険金は5千円×60日で30万円が医療保険から支払われる事になります。
こんなにも保険から支払われたら、家計はすごく助かります。しかし、よく考えて見てください。
今まで10年間も保険料を支払ってきているのです。今まで支払った保険料の総額は36万円となり支払った保険料の方が高くなります。また、保険料は更新ごとに高くなりますので実際の保険料の総額はこれ以上になります。
この方は、病気になり2カ月入院しましたがもし健康な方なら医療保険のお世話にならず支払った保険料は全て無駄になってしまいます。

 

【保険を辞める選択】

このように考えると、保険に加入するのはリスクがあるとも考えられます。万が一病気になったら元が取れるかもしれないが、健康であった場合には、全て無駄になるという事です。
そこで、入院した場合必要になるお金を貯蓄出来たら医療保険を辞めるという選択も検討すべきでしょう。入院時に必要になるお金は約150万円です。もしこれくらいの貯蓄があれば、医療保険を辞めてその分を貯蓄に回す事をお勧めします。

 

【まとめ】

今まで、当たり前のように加入し毎月保険料を支払っていた医療保険、実は我が家には必要ない物かもしれないと思った方もいるでしょう。
これを機会に医療保険の見直しをしてみるのもよいのではないでしょうか?

 - 医療保険

  関連記事

  おすすめ記事