退職したら年金の手続きをして第1号被保険者へ切り替えをしよう

   

12ec961311f4f457c37d988d865f363a_s

退職をしたら今まで加入していた厚生年金や共済年金の資格は損失されます。ですから今まで加入していた第2号被保険者から第1号被保険者に切り替える必要があります。
切り替えの手続きはお住いの自治体の窓口で行っていますので相談してみましょう。

 

【被保険者】

年金は厚生年金、共済年金、国民年金、被保険者の配偶者など年金はいくつかに分類されています。
第1号被保険者は自営業者、学生、無職の20~60歳までの人が加入しており、社会保険の厚生年金には加入していません。保険料は納付書が送付されそれによって各自が支払う事になります。
第2号被保険者はサラリーマンや公務員など厚生年金加入者の事を指し、所得に応じて保険料が決定します。保険料は毎月の給料から天引きされ会社がまとめて納付します。
第3号被保険者は第2号被保険者の配偶者で、年間の収入は130万円未満の人を言います。保険料の負担は在りません。

 

【退職後に年金の切り替えをしなか%

 - 医療保険

  関連記事

  おすすめ記事