生命保険はもったいない?貯蓄型と掛け捨て型の選択基準

   

3d9afba2217593656565e6f1219db82c_s

生命保険は、大きくわけて貯蓄型と掛け捨て型があります。貯蓄型は将来保険金が多く貰えるメリットはありますが掛金は高くなります。また掛け捨て型は、保険料は安いのですが、貯蓄性はありません。
生命保険を選択する場合、損をしないようにそれぞれの基準を見てみましょう。

 

【掛け捨て型と貯蓄型】

まず両者の違いを見てみましょう。
掛け捨て型は、解約時にお金は戻ってきませんが、月々の保険料は安く保険期間が限定されます。
安い保険料で、大きな補償を得る事ができ、必要な補償期間を自分で決める事ができます。
しかし、補償期間が一定期間を過ぎると終わってしまい、お金も貯められないというデメリットがあります。
貯蓄型は解約すると返戻金がありますが、月々の保険料は高いという特徴があります。
しかし、将来のお金を貯める事ができるので老後の生活への備えをすることができます。

 

【生命保険で損をしない為には】

では、生命保険で損をしない為にはどうしたらよいでしょうか?
掛け捨て型と貯蓄型どちらが良いかは、それぞれの生活スタイルや家族構成などによって変わります。

(掛け捨て型がよい場合)
小さい子供がいる場合は、子供が大きくなるまでの一定期間だけ補償が必要な場合は掛捨て型を選びましょう。家計への負担も少なく、必要な補償を得る事ができます。
また、貯蓄については保険ではなく別の方法で行いたい場合や、自分で計画的にお金を貯める事ができる人などは掛け捨て型を選択し、老後の資金などの運用は別で行いましょう。

(貯蓄型が良い場合)
自分で貯金をすることが苦手な人や、計画性のない人は保険料を納めながら貯蓄もできる貯蓄型がお勧めです。
また、独身者や子供がいない世帯では大きな補償は必要ありませんのでお金を貯めながら補償も得る事ができる貯蓄型保険がよいでしょう。

 

【生命保険で損をしない為に】

生命保険で損をしない為には、その都度の見直しが大切です。生命保険に加入した10年前は子供も小さく、補償の大きなものが必要だったが、現在は子供も独立し夫婦2人の生活になったという人も多いでしょう。
子供の成長を考え10年、20年を目途に保険の見直しをすると無駄がなくなりよいでしょう。

 

【まとめ】

生命保険は、一見無駄なように思えますがそれぞれのスタイルに合った方法で加入する事でメリットを最大限に活かす事ができるのです。
加入の仕方は各家庭によって違いますので、家計の負担にならないようシミュレーションをしっかりと行いながら無駄のないように加入しましょう。
どのような保険がよいのかわからない場合は、保険の相談会に参加したり、ファイナンシャルプランナーに相談してみるとよいでしょう。

 - 死亡保障

  関連記事

  おすすめ記事