独身でもガン保険は必要?独身者に必要な保険

   

8b33a9560de19e08c14f0f300e6511db_s

保険会社には、様々な保険商品がありどれに加入したらよいのか悩みます。特に、社会人になったばかりの頃には、高額な生命保険を紹介されたり、必要ない保険を勧められる事も多くあります。
無駄な保険に加入しない為にも、独身者に必要な保険について、見てみましょう。

 

【独身者に必要な保障】

独身の人は、自分が死亡した場合に路頭に迷う家族もいませんし、高額な生命保険は必要ないと考えましょう。
まずは、病気やケガなどをした場合に必要になる医療保険について検討していきましょう。
医療保険は、年代関係なく誰にでも必要になる保障で、入院時に給付金が支払われたり、治療費が補填されます。入院中は、働く事が出来ないばかりか、病気によっては治療費や入院費が高額になるケースもあります。
医療保険に加入しておけば、入院費の負担が軽減されますので安心して治療に専念する事が出来ます。
ただ、日本には充実した公的医療保険がありますのであまり高額な保険ではなく、必要最低限の物に加入しておけばよいでしょう。

 

【ガン保険】

ガンになった場合は治療費が高額になり、長期間入院する事になります。そのリスクを考え家族にガンを患った人がいたり、ガンの治療費や、入院費などを貯金で捻出する事が出来ない人はガン保険も検討しましょう。
ガン治療の現状と近年の変化に伴い、現在はガン保険も様々な物が登場しています。選択肢が増えた分、どのような物を選ぶか慎重に検討する必要があります。
例えば、主契約に特約としてホルモン剤治療保障を付ける事が出来たり、ガン先進医療保障が付けられたり様々な特約プランがあります。
ガンの心配のある人や、経済的に不安のある人は、必要な特約を付加しガン保険に加入するようにしましょう。

 

【独身の場合の死亡保障】

先ほど独身者は、高額な生命保険は必要ないと伝えましたが死亡保障として200~300万円程度の葬儀代は必要になります。
万が一に備え、葬儀関連費用としてそれくらいを貯金しておくか、終身保険で準備しておくようにしましょう。
終身保険は、保険料が割安な低解約返戻金終身保険をお勧めします。この保険は、保険料が割安でお金も同時に貯める事が出来るので独身者にはお勧めの保険です。

 

【まとめ】

保険は、それぞれの生活スタイルや年齢、家族構成などによって必要になる保障額や保障内容が変わってきます。
自分に合った適切な保険を選び、無駄のないようにしましょう。

 - ガン保険

  関連記事

  おすすめ記事