乳癌の予防法は?予防する為に私たちが日常生活で出来る事

   

acde5a4b6c85f8c08d9a5553e01724cd_s (1)

乳がんは女性に多く約12に1人の割合で発症しているがんです。日常生活でできる乳がんの予防法や予防する効果のある食べ物についてみていきましょう。

【乳がんの予防法】

生活面においては適度な運動を心がけましょう。運動は乳がんの原因の一つとも言われているストレスの軽減にも繋がりますし、肥満防止にもなります。また乳がんを発症する原因のインスリンは肥満体型の人の場合その作用が鈍くなっておりがん細胞の増加が促進されると言われています。乳がんを発症させない為には、肥満にならないように気を付けインスリンを低下させないようにする事が大事です。米国の研究結果によるとウオーキング等の軽い運動を週に1~2時間程度続けた女性は乳がんの発症リスクを18%低下させることができたと言われています。

【乳がんを予防する食事】

乳がんを予防する為に食事面で気を付ける事は和食中心の食生活にする事です。乳がん患者に共通して言えるのが朝はパン食で、スパゲティやヨーグルトなどの乳製品、果物や菓子類を好む傾向にある事がわかっています。乳がん予防の為には食事を和食中心にして朝食はごはん、味噌汁、漬物などがよいでしょう。野菜料理は煮物や、おひたし、あえ物などを中心に動物性食品は肉や、食肉加工品、牛乳、乳製品などは控えスナック菓子から和菓子にするなどが乳がんの予防の為にはよいでしょう。

【予防する食べ物】

乳がん予防にお勧めの食べ物は大豆や穀物、魚介類、野菜などがあります。大豆に含まれるイソフラボンには乳がんを予防する効果が期待でき欧米人に比べて日本人に乳がん患者が少ないのは古くから伝わる日本食の味噌汁や豆腐、納豆などに大豆が多く含まれているからではないかと言われています。穀物由来の食物繊維にはコレステロールを下げ肥満を防ぐ働きがあります。魚介類に含まれるEPAやDHAには乳がんを予防する効果があります。キャベツや玉ネギ、ナス、ブロッコリーなどにもがん予防の効果が高い成分が含まれている事がわかっています。

【まとめ】

乳がんを発症する原因は食事や生活習慣、ストレスなど様々な事が考えられます。まずは毎日の食事を見直し、無理のない範囲で適度な運動を取り入れることから始めてみましょう。加えて予防効果の高い食品も積極的に摂取し乳がんの予防に努めていきましょう。また過度のストレスも乳がんを発症させる原因になります。仕事や人間関係でストレスを溜めすぎないようにし、ストレスが溜まったと感じたら休むようにしましょう。そしてストレスを発散できて自分がリラックスできる場所や趣味を持っておくことも大事になります。

 - ガン保険

  関連記事

  おすすめ記事