乳がんはセルフチェックが大事!自宅でできるチェックの仕方

   

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

 

乳がんの60%以上はセルフチェックで発見されていると言われています。これは乳がんが体の表面に近いところで発生する為自分で触れたり、見たりする事ができるからでしょう。これほど乳がんの発見にはセルフチェックが大きな役割を果たしているのです。ぜひセルフチェックの仕方を覚えておいて乳がんの早期発見に努めてほしいと思います。

【セルフチェックで見るポイント】

以下のような症状がみられないか注意してセルフチェックを行ってください。

・乳房の変形や左右で差がないか

・ひきつった感じがないか

・ただれがないか

・しこりがないか

・えくぼのようなへこみはないか

・出血や異常な分泌はないか

入浴前や後、入浴中などにこれらに注意して見るようにしましょう。

【セルフチェックの仕方】

ではセルフチェックの方法を説明します。入浴前に鏡の前に立ち両脇を下げた姿勢で乳房や乳頭に異常がないか観察します。そして次に両腕を高く上げ正面、側面、斜めから乳房を観察をします。最後に乳頭をつまんで分泌液がないかを確認します。入浴中には腕を上げ乳頭の表面に渦を描くようにしておうとつや、しこり、こぶがないかを観察します。指先を揃え脇の下に入れてリンパ節が腫れていないか確認します。指がざらつく時にはベビーパウダーを付けたり入浴中は石鹸などを使い、滑りをよくするといいでしょう。乳房が大きい人などは仰向けになると乳房が平らになり観察しやすくなるため就寝時などに仰向けになってチェックをします。腕を上げ乳房の内側半分を指の腹で軽く押さえながらしこりや、おうとつがないか丁寧に観察します。腕を下げ乳房の外側半分を同じように指の腹で軽く押さえながら調べます。また脇の下に手を入れて腫れがないかも確認しましょう。

【月に一度はセルフチェックを】

このようなセルフチェックを月に1度は行うようにしましょう。そうする事で自分の乳房や乳頭の少しの変化にも気が付きやすくなり乳がんの早期発見に繋がります。そして少しでも異変に気が付いたらすぐに乳がんの専門医を受診しましょう。乳がんは外側上部に発生しやすいと言われていてそれは全体の47%に及びます。次に内側の上部で23%前後になります。発生しやすい場所には特に注意をしてセルフチェックを行うようにしましょう。

【まとめ】

乳がんはがんの中では珍しく早期発見をするとほぼ完治するがんだと言われます。それくらい早期発見が大事になってきますので、乳がんを発症しやすい年齢である40代以降の女性は月に1度のセルフチェックを怠らないように習慣つけするとよいでしょう。40代よりも若い人でもがんの家系であったり、家族や近親者に乳がんや卵巣がんなどを発病した人がいる場合は乳がんの発症リスクが高まりますのでセルフチェックは必要でしょう。

 - ガン保険

  関連記事

  おすすめ記事